アビュラ
Mitrogyna ciliata
(広葉樹林)
樹木  アビュラは西アフリカに広く産するが、輸出されるのは主にナイジェリアからである。Mitragynaの樹種には他にも
    一つあり、似たような木材で、東アフリカに産する。中型の樹木だが、生育場所が海岸の沼沢林なので、機械化作業に
    よる搬出は難しく、ほとんどが現地人の伐採業者を通じて供給されている。

木材  一般に淡黄褐色ないし桃褐色で、とくにはっきりとしたもくをもたないが、大きな丸太の中心部からとられたものは、
    より濃色で縞をもつことがある。肌目は精、均一で、木理は一般に通直である。重さは中庸で、マホガニーよりやや重い。

加工性 乾燥は早く、欠点が生じることはほとんどない。乾燥すれば、利用の際は安定している。強さは中庸で、ふつうは
    マホガニーとほぼ同じだが、木理が通直なので、小さい寸法の木材の場合はマホガニーより強いことが多い。製材および
    加工的な性質には変動がある。加工はかなり容易だが、シリカの含量が高くて、切削刃物を早く鈍らせたりするものがある。
    耐朽性が低く、虫害にも弱いので、戸外での利用には適さない。

用途  もくはもっていないが、性質の均一性と加工的な利点があるので、よく用いられている。利用の際に安定しているので、
    家具の部品、たとえば骨組、引出しの側、縁などに使われる。着色がしやすく、より装飾的な木材に合わせることもできる。
    室内用の指物とか、肌目が精で木理が通直なので、モールディングにも適している。
back