アピトン
クルイン

Dipterocarpus spp.
☆輸入材(南洋材)/フタバガキ科 (広葉樹林)
分布・産地 70種類以上あり、インド、スリランカ、ビルマ、タイなどを経てインドシナ、フィリピン、スマトラ、ボルネオ、
      バリに分布。東南アジアから輸出される木材のうち、メランチ類に次いで、大量に取引されている。産地によって
      呼び名が違っており、その一覧表を次に示した。

木材    心材は濃灰褐色、赤褐色などで、長期間大気に曝されると濃色になる。この類の木材は、短い接線状に配列する軸
      方向細胞間道(樹脂道)があり、特徴となっておりこのことによりメランチ類から区別される。放射組織の中に
      シリカの小さい塊を含んでいる。材面とはいえない。この”やに”があることとシリカがあることが、加工を難しい
      ものにしている。気乾比重は0.64〜0.91(マラヤ産クルイン)、0.75〜0.86(カンボジア産チュテール)、0.60
      〜0.66(フィリピン産アピトン)などである。耐久性はとくに高くはないが、保存薬剤の注入がしやすいために、
      処理をして枕木に用いられる。

用途    材面が美しくないため、装飾的な要素の必要でない用途に用いられることが多く重構造物、防腐処理をして埠頭、橋、
      枕木など、床板、羽目板、トラックの車体などがある。合板用材にもされる。
back