ネズコ/クロベ
鼠子/黒檜
Thuja standisii
☆国産材/ヒノキ科 (針葉樹林)
分布・産地 本州の北部から中部、さらに中国、四国地方にも分布し、その分布の中心は本州中部の山岳地帯である。
      昔から木曽五木の一つとされてきているのも、木曽地方に多く分布していたからであろう。どちらかと
      いうと、産地でよく知られ、大都市の市場ではあまり見当たらない。ところが、一方で現在の米材の
      一つとして知られているベイスギ(T.plicata)は、アメリカ産のスギではなく、植物としてはこのネズコ
      の類である。したがって、われわれは日本のネズコを使わないでアメリカ産のネズコの類を使っている
      ことになる。

木材    辺材と心材の境界ははっきりしており、後者はくすんだ黄褐色と褐色などで、前者は黄白色。早材から晩材
      への移行はかなり急で、そのため年輪ははっきりと見える。肌目は精、気乾比重は0.30〜0.36(平均値)
      〜0.42で、軽軟な材木といえる。切削などの加工は容易だが、仕上がりは特によいとはいえない。
      保存性は中庸で、上述のベイスギが保存性の高い木材であるのに比較して劣っている。

用途    分布が限られているので、利用は限られている。天井板、障子などの建具材、和机、下駄、指物などに
      使われている。
back