ニヤトー
ナトー

Palaquium erythrospermumなどを含むPalaquium
☆南洋材/アカテツ科 (広葉樹林)
分布・産地 属としては、台湾、東南アジア一帯、さらにニューギニア、ソロモン群島にわたって広く分布。ニヤトー
      と呼ばれる木材は、多数の樹種からのもので、木材の組織はよく似ているが、材質的にはかなり幅の広い
      ものを含んでいる。ニューギニア産のものには、ペンシルシーダーという名がつけられているが、もちろん
      針葉樹林ではない。

木材    心材は桃褐色ないし赤褐色で、樹種によってかなり違いがある。肌目はやや精、木理は交錯する。このこと
      が日本産の広葉樹材の代替材として好まれる理由の一つである。気乾比重は0.47〜0.89にも及び、かなり
      軽軟なものから重硬なものまである。耐久性はかなり低いものからかなり高いものまである。

用途    フタバガキ科の木材のようには大量に得られないことと、木材の性質がマカンバなどに似ていることから、
      家具、内装、キャビネット、建築に用いられる。しかし、気乾比重の低いものは心材の色が淡く、軽軟すぎる
      ので、家具用材としてはあまり好まれていない。
back