スプルース
ホワイトウッド
エゾマツ

Picea spp.
(針葉樹林)
樹木  スプルースは、マツに次いで、最も一般的に用いられている針葉樹林である。北部の針葉樹林に広く分布しており、
    ホワイト・スプルースとシトカ・スプルースがあるアメリカや、ホワイトウッドと呼ばれているヨーロッパでは、
    とくに重要な木材である。樹木の大きさはさまざまで、アメリカ東部産のものは概して小さくて樹高が12〜30m、
    西部のシトカ・スプルースは樹高が50〜60mに達し、幹の直径も1〜2mに及ぶ。ヨーロッパのスプルースは樹高が
    30mないしそれ以上になる。

木材  シトカ・スプルースがときに桃色を示すが、スプルースの色調はほぼ白色で、著しい天然の光沢で名高い。ヨーロッパ
    のアカマツ(レッドウッド)などのマツ類と比べ、脂っぽくなく、年輪もそれほどはっきりせず、比重は約10%低い。

加工性 乾燥は早く、容易である。強度的性質に優れ、シトカ・スプルースはとくによい。加工は容易で、仕上がりもよい。
    耐久性は低い。

用途  製材、単板、さらにパルプ用材として、スプルースの用途は広い。白色で光沢があるため、最も重要な新聞紙用の
    パルプ原料となっている。製材は、根太、垂木、間柱などの構造材、室内用の指物材として用いられている。また、細い
    丸太は割って梯子の側板に使う。節のないシトカ・スプルースは比重の割に強度が高く、グライダーの骨組、ボートの
    オールやマストなどに使われる。良質のスプルースはピアノの響板やヴァイオリンの表板になる。カバとダグラス・ファー
    合板の芯材とされることも多い。
back